9月, 2011年

暗いイメージは持たせないように

2011-09-21

出会い系サイトを通じてメル友を探す中、時折意味不明のメ-ルの着信に頭を悩ませる事も。
何が伝えたくてこのメ-ルを届けて来たのか理解出来ない上に、返事を求めて来られても対応出来ませんよネ。
特に厄介なのが、特定のジャンルの専門用語が羅列されたメ-ル。
訳分かりません。


仮に横文字や専門用語を「カッコイイ」って錯覚しているのなら、それは間違いだと今直ぐ気づいて欲しいですネ。
それじゃ相手に何も伝わりませんから。
メ-ルの基本は、相手が読み易くて、返事を書き易い文体内容である事が大前提です。
それから自身の自慢話の絵巻物みたいなメ-ルもNGです。
それから男性に多く見掛けるのが、自身の世界観思想を押し付けるような、宗教掛かった内容です。
これも悪印象しか抱きませんネ。
見知らぬ相手からの長文メ-ルは、それだけで勘弁して欲しい、と感じてしまいますから。


出会い系サイトに於いては、男性から女性へのアプロ-チが通常のスタイルです。
女性の立場に立って、どんなメ-ルが届けば嬉しいのかをしっかり考えた上で送信しましょう。
たとえば政治経済の話題を待ち望んでいる女性が出会い系サイトに居るでしょうか?自身の悩みを聞いて欲しい女性なら大勢居るでしょうが、男性からのネガティブな話題を待っている訳ではありません。
それでは何も盛り上がりませんよネ。


悩みを互いに相談出来るメル友関係は、直ぐに築けるモノではありません。
かなり信頼関係を確かめ合える間柄となるまでは、暗いマイナスの印象を届ける事は控えねばなりません。
あくまで互いに楽しくメ-ル交換出来る事が、最低条件のまず1番最初ですネ。

大学生の彼からのメール

2011-09-21

子育てもどうやら一段落。
最近出来たメル友とのメ-ル交換を毎日の楽しみにしている主婦です。
相手は大学生の男の子。
最初は自分の息子より大きな青年相手、ってのもどうかと思った時期もありました。
私みたいなオバサンと喜んでメル友になってくれるかどうか、誰でもそう不安に思いますよネ?

そんな事を相手の男の子にストレ-トに尋ねてみたんですけど、彼は「年齢は関係無い。
フィ-リングが大切だ」って一生懸命答えてくれて、嬉しかったです。
文面からも真面目で誠実で丁寧な人柄が見て取れましたし、男子学生とこんな接点が持てる事にも、何だかドキドキ出来そうに思えたので、メル友関係をスタ-トさせたんです。


正直こっちは家庭のある既婚者ですから、自分の直アドを教える事には抵抗感を捨て切れず、しばらくは出会い系サイトを通じたメ-ルのやりとりだけの関係でした。
実はその時点では他にも複数のメル友候補が居て、同時に複数の男性とやりとりしていたのです。
結構ヤリ手?なんて自分の事をこっそり笑ってみたりしながら。
だけどそんな中、この大学生の事が一番気になっていました。
文面も言葉遣いも全て、丁寧で素直な感じが好印象でした。
他の男の人達のメ-ルには何処か、下心が見え隠れしていた風に思えていましたし。


そんな大学生の彼の方から、自分の直アドを知らせて来てくれたんです。
直接返事がもらえたら嬉しい、って書いてありました。
これが直接のメ-ル交換を始めるキッカケになったんです。
これも偶然というか、波長が合ったのでしょうネ。

無い内容とは?

2011-09-21

出会い系サイトを通じ、念願のメル友がゲット出来ました。
今でこそ、夢のようにウキウキ気分の毎日ですが、使うりい始めた当初と言えば、全てが裏目ばかりで失敗の連続だったんです。


僕自身は本当に軽い気持ちで会員登録したんです。
実際に出会ってやろう!なんて鼻息が荒かった訳でもありまえんでしたが、会員の男女比を知った時、気持を引き締め直したんです。
それくらい女性会員が少ない事は、正直想定外でしたから。


今、最初の頃の自分を振り返ると、何ともしつこく嫌な男だった、と反省しています。
とにかく返事が欲しくて、メ-ル交換がしたい。
焦り丸出しのアプロ-チを重ねていたと思います。
相手の女の子の事を知りたくて、それこそ尋問みたいな質問三昧のメ-ルを届けてしまったり、延々と自己アピ-ルを綴ってみたり、それはまるで「ダメなメ-ルの見本市」的だったとすら思っています。
誰も相手にしなくて当然でした。
そして更に焦って悪循環。
僕がメ-ルを送信した回数分、自らチャンスを潰し続けていたのです。


そんなある日、ふっと我に帰った瞬間があったんです。
「自分は別にエッチ目的でも無いのに、どうしてこんなに必死なんだろう?」って。
そこで気分一新のつもりで、別の無料サイトにも登録して、ゆとりを持つ事を意識しながらメ-ルを送ってみました。
「こんな感じの僕です。
よかったらメ-ル下さいネ」的な、これといったメッセ-ジ色も無い内容でした。
そんな調子で数人に送信してみたら、同じく時間を持て余していた風な女の子から、これまた何ともゆるいメ-ルが届きました。
これでメル友ゲット。
それまでの独り相撲は一体、何だったのかと思いましたネ。

余裕をもって使おう

2011-09-21

有料出会い系サイトを利用する以上は、お金の管理と状況把握をないがしろにしてはなりません。
利用料金の総額に対して、どれだけの成果を得られたのか。
つまりは「いくら遣ってメル友をゲット出来たのか」をしっかり確かめた上で、そのサイトが自分に最適な優良なサイトなのかどうか、を見極めねばなりません。


サイトと利用者には相性が存在します。
それが合致していなければ、いくらお金と労力を費やしても成果は望めません。
無料サイト利用時と同様、「違う」と感じたなら速やかにそのサイトから手を退く決断力が求められます。
その判断基準となるのが、先に記載した、費やした金額に対する成果です。
特に後払い制サイトの場合、アナタが意地を見せて「もう少し頑張って元をとらねば」と引き際を後送りする事で、結果更に浪費してしまう懸念があります。
結果、1人のメル友を得る為に、余計とも言える出費をしてしまう事となります。
これは前払い制サイトを利用する事で、自身の出費の上限を絶えず設定する事で防ぐ事が可能です。
どれだけの費用をその時点で費やしているのかを常に把握する事で、そのサイトが自分にマッチしているか否か、を判断しやすくなるのです。


また、色々なサイトを利用する経験を通じ、自身が希望するタイプのメル友希望者がどんな時期に活動的になるのかを見極める事が可能になります。
それは時間帯、曜日という細かい視点から、季節毎といった大きなスパンまでに共通して言える事です。
そしてサクラを巧みに避けながら、サイト利用をゲ-ム感覚で楽しんで行ければ、自ずと結果はついてくるモノなのです。
余裕をもって有料サイトを活用する事で、希望のメル友をゲットして下さいネ。


価値観もが会う仲間と出会えた

2011-09-21

女の子が出会い系サイトを利用する=援助交際。
そんな偏見って根強いと思いますが、今回はなぜ、私が出会い系サイトを利用してメル友を探そうとしたのか、その理由を聞いて欲しいと思います。


現在私は19歳。
高卒後直ぐに就職して、ショップ店員として働いています。
学生時代からの憧れの職業に就けた事で最初の頃は本当に毎日が充実していて、自分の手で稼げる事にも誇りを感じていました。
だけど同級生の大半は大学、短大、専門学生に進学した学生ですから、なかなか時間を合わせる事が出来ず、次第に疎遠になって行ってしまったんです。


それでも時間を何とか合わせて一緒に遊んでも、社会人の私と学生の彼女達とは、いつしか時間やお金に対する価値観が大きく違ってしまっていて、噛み合わなくなってしまっていたのです。
いつしか私は友人達を「ワガママで幼稚な子供達」と感じるようになり、それが彼女達にも伝わってしまったのでしょうか、次第に私に声が掛からなくなって行きました。


私の職場は年配の先輩ばかりですから、気軽な友人感覚を望めるハズもありません。
気軽に悩みを話せる相手も無く、ネット掲示板に思いを書き込む事でストレス発散する事を考えるようになりました。
そして大きな掲示板サイトを幾つか覗いているうち、気づいた事があったのです。
「出会い系サイトを使えば、同世代のメル友が見つかるかも?」って。


出会い系サイトに登録当初は、下心丸出しの男性からのメ-ルばかりで、正直後悔も感じたりしましたが、そんな中、キチンと私の話に耳を傾けてくれる人と知り合う事が出来、メ-ル交換を始めたんです。
互いに高卒で実社会に出た者同士ですから、話も価値観も合い、いつしか何でも相談出来る間柄となっています。

相手のペ-ス

2011-09-21

出会い系サイトを通じてメル友を何とかゲットしたい、といくらガンバってみても、一向に返事が届かない。
そんな悪循環に落ち込んだアナタ、一度これまで自分が送信したメ-ルを読み返してみて下さい。


その際に、アナタは「受け取った相手側」になった気持で読み返す事。
そうすると、アナタの届けたメ-ルが返事を書くに値する魅力ある内容なのかどうか、見えて来る事でしょう。
本当にアナタ自身に興味を抱いてもらえる内容が綴られているのか・アナタとのメ-ル交換が楽しいモノになりそうな予感を伝えられているのか。
誤字脱字表現のチェックよりも、こちらに重点を置いて読み返すのです。


あくまで文字だけのやりとりですから、アナタの顔や外観がここで影響している訳ではありません。
返事が戻って来ない理由は、アナタが届けたメ-ルの内容や、掲出しているプロフィ-ルにあるのです。
もしもアナタの文章が、自分語り一辺倒のメ-ルだと気づいたのなら、相手の立場を尊重する事を今後は心掛けましょう。
「僕はこうだけど、アナタはどうですか?」という風に、相手に委ねる文体構成の文章を用いる事で、相手からの返事をさり気なく促す事にもなるのです。
たとえ返事を熱望していようと、催促を明記してはなりません。
相手は退くだけです。
あくまで相手に対しては、メ-ル交換の相手になって欲しい、というお誘いの範疇を逸脱しない事が大切です。


又、返事の期限を区切るようなメ-ルも相手から敬遠されるだけです。
ビジネス文章では無いのですから、相手のペ-スを考え、そちらを尊重せねばなりません。
そして最後の締めの言葉も大きなポイントですから、十分注意を払う事。
必死さや焦りが滲み出る言葉は禁句です。
あくまでさり気なく爽やかに行きましょう。

返信獲得率があがる時期がある?

2011-09-21

出会い系サイトには、利用者が集中する時期と、閑散とする時期が有る事を頭に置いておく事も、出会い系サイトを通じてメル友を探す際には大切な事です。


これはアナタ自身を思い返すと想像が付く事なのです。
アナタがメル友を欲し始めたのは、いつの頃でしたか?

人恋しくなる季節は誰もが同じです。
感傷的な気分と言えば、秋を連想しますが、出会い系サイトが1番盛り上がるのは、実は夏なのです。
4月に学校や会社での新生活をスタ-トさせ、5月病と称される心の病の発症期を経て、梅雨を何とか乗り切った直後。
心機一転を誰もが望むのが、夏の扉が開いた時期です。
人間の心理です。
開放感も手伝い、メ-ルの返信率がアップする、とされる時期です。
誰もが活動的にメル友探しにトライ出来る季節なのです。

また、クリスマス前なども狙い目です。
出会い目的以外にも、ビッグイベント前は誰もが寂しく過ごしたく無い時期です。
メル友が存在するだけでも随分救われますし、そんな機会に実際に会って、そこから交際がスタ-トする展開も期待出来ます。
しかし真冬などは人も活動力が弱まりますから、出会いを積極的に求める傾向も少なくなるようです。
逆にまったりとしたメ-ルの交換を希望する人には、敢えてこの時期がおススメかも知れません。


このように、返信獲得率が高まる時期を狙ってメル友を探せば、自ずと成功率も高くなる事は間違い無さそうです。
しっかり見極めてトライしましょう。

有料サイトもなしではない

2011-09-21

出会い系サイトでメル友を探す際、思い切って有料サイトを利用してみる事もおススメしたい、と思います。
確かに利用料金は発生しますが、有料サイトはいわば会員制サイト。
サクラの存在も殆ど懸念する事無く、メル友を探す事が可能です。
サイトの利用に関しては無料サイトと同じです。
あくまでアナタの頑張り次第です。
無料サイトで十分な実践経験を重ねた上で、自信をお持ちの方であれば、こちらも活用してみましょう。


初心者であれば、色々な無料サイトを実際に利用してみる事で、出会い系サイトの雰囲気とノウハウを実感するところからスタ-トするのがベストです。
サイトにはそれぞれ特徴個性があり、雰囲気も人種も異なっています。
アナタの目的に合致したサイトを見極めてから登録しましょう。
其処で自信を得たのなら、いよいよ有料サイト利用にトライする時期です。
お金が掛かる訳ですから、目的を達成しなければなりません。
それなりのプレッシャ-を当然感じる事になります。


有料出会い系サイトの料金体系にも幾種類かが存在します。
初めて利用するのであれば、前払いシステムが安心でしょう。
アナタが利用出来るポイント数も最初に決まっていて、初回のお試し無料サ-ビスポイントが付いていれば、これも活用出来ます。
最初に上限を設定しておく事で、金銭面の不安がありません。
これが後払い制になると、無意識の内に使い過ぎて請求額が驚く程の高額になってしまったり、それで結果が得られなければそれこそ泣くに泣けません。
リスク回避の視点かれも、最初に有料出会い系サイトを利用する際には前払い制の方が安全安心です。


最初は少ない金額のポイントでスタ-トです。
そのサイトの雰囲気を体感してみましょう。
そこで「ここで頑張ってみよう!」と決断したのであれば、本腰入れて取り組んで行きましょう。

信頼関係を築こう

2011-09-21

出会い系サイトを通じた相手との信頼関係を築く手段は、言うまでも無く、メ-ル交換です。
これを重ねて行かねばなりません。
当然、相手が返信したくなるような内容と読み易いメ-ルを届ける事が絶対条件です。
普段からメ-ルに慣れ親しんでいたとしても、気心の知れた相手では無く、見ず知らずの相手と文字だけでやりとりする訳ですから、自ずと文体を変える配慮が必要です。


出会い系サイトでメル友をゲットする要となるのは、ファ-ストメ-ルです。
今回は悪例のご紹介。
相手を退かせてしまっては、その時点でアウトですので、これらの事例を確かめる事で、アナタ自身が無意識の中、間違った事をやらかしていないかどうか、今一度自己確認してみて欲しいと思います。


最初に、じゅうたん爆撃タイプのアプロ-チを用いる人がやらかすのが、コピペメ-ル。
宛先だけが違って中身が全部一緒。
これは相手に一発でバレます。
相手の事をキチンと考えた内容を1通1通綴るべきです。


次に、極端に長過ぎたり、短過ぎるメ-ル。
簡潔で読み易いメ-ルを心掛けねばなりません。
但し、丁寧なのにも限度があり、堅苦しくなってしまっては逆効果です。
「背景」「前略」「御の多用」といった、まるで筆で認めた堅苦しい書簡のような文面はNGです。


自己アピ-ルも自慢話的なものは控え、出会い系サイト初心者である事を過剰にアピ-ルするのも悪印象に繋がります。
あくまで相手主体の姿勢を忘れない事。
それから最初から悩み相談や愚痴といった、ネガティブな内容を届けるのも非礼です。


メ-ル交換を楽しく続けたいのは、誰でも同じです。
この根っ子の部分を常に念頭に置いておきましょう。

サッカーをきっかけに

2011-09-21

サッカ-大好きの私ですから、共通の話題で盛り上がれる女の子のメル友が欲しくて、出会い系サイトを利用したんです。
とは言え私自身から相手にアプロ-チしなければ何も始まりません。
そこで無料サイトで会員数が多いサイトを探し出して、スポ-ツ好きだと言う女の子に対し、次々とメ-ルを送って行ったのです。


最初はシュ-トが全く決まらず(苦笑)、連戦連敗。
外しまくって返事はゼロ。
これは何か理由があるのだろうと自問自答した結果、最初から自分自身のコアな拘りを書き過ぎていた事に気づきました。
サッカ-の話題、というよりも、自分の贔屓の選手やチ-ムを限定するような内容を相手に届けてしまっていたのです。
リアルの世界でもメ-ルの世界でも、相手との距離を自然に縮めて行くには、それなりの順序段階を踏んで行かねばならない事を忘れていました。
そこで文面を一新。
まずは自己紹介と趣味がサッカ-観戦である事と、スポ-ツが好きな女の子のメル友が欲しい事を簡潔に綴るメ-ルに変えたのです。
そして自分自身は配送関係の仕事をしている会社員である事も明記して、自身の情報を開示してみたのです。
これが功を奏したのか、驚いた事にようやく返事が届いたのです。


返事をくれたのは会社員の女の子で、日本代表の試合観戦によく足を運んでいるのだとか。
しかし国内のJリ-グの試合の観戦経験が無い、との事。
確かに最初の私のメ-ルでは、彼女は反応出来なかったのでしょう。
あらためて反省でした。
私が得た教訓を最後に。
「相手の条件を最初から絞り込み過ぎてはダメ!」。
これをお伝えしたいと思います。

« Older Entries
Copyright(c) 2012 無料出合いサイトナビ All Rights Reserved.